有効成分は配合されている?

大人ニキビは、できることなら1日も早く治癒させてしまいたい症状ですよね。そこで、そんなニキビを解消する効果が高い「有効成分」を配合したものを選んでいくことが必要になります。有効成分を配合してあるものは、単なる化粧品ではなく、医薬部外品に分類されています。

 

化粧品と医薬部外品の違いは?

「化粧品」として販売されているものと「医薬部外品」として販売されているもの、実は違いが分からず、「医薬部外品は副作用が怖い」なんて勘違いしている人も少なくありません。では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず化粧品というものですが、これは作用が穏やかなものとなっています。過剰な効果効能を謳うことは禁止されています。これに対して、医薬部外品には薬理作用が認められる有効成分が含まれています。そのため、「ニキビを防ぐ」などの効果や効能を謳うことができるというわけです。

 

つまり、化粧品と医薬品の中間的な存在にあるのが医薬部外品、ということになりますね。医薬品のような強い副作用が起こるリスクも低いので、安心して使用できます。

 

ニキビに効果的な有効成分とは?

ニキビ化粧品によく用いられている有効成分には、グリチルリチン酸2Kというものがあります。これには肌の炎症を抑える作用があることが分かっており、ニキビの炎症を穏やかに鎮めてくれます。甘草エキス由来なので安心感がありますが、ステロイド様の作用があるので配合量は厳しく制限されます。

 

それからサリチル酸というのも多く用いられています。これには殺菌防腐作用や角質溶解作用があり、ニキビ菌の増殖を防いだり、古い角質を取り除く効果が期待できるというわけですね。

 

他にもニキビに効果があるとされる有効成分は色々ありますので、事前によく、何が含まれるのか確認してから選ぶようにしましょう。