女性特有の大人ニキビ | 更年期の大人ニキビ

大人ニキビに悩まされる時期というと、一般的には20~30代をイメージしますよね。ですが、もっと上の年代になってから大人ニキビ悩みが出てくることがあります。特に女性のリズムに着目した時、多いのが更年期という時期に発症する大人ニキビですね。

 

更年期はホルモンバランスが大きく変化!

更年期と言われる時期に大人ニキビが発生するのは、ホルモンバランスの変化によるところが大きいと言われています。これは生理前ニキビと同じことで、女性の体内で分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンのバランスが乱れてしまうというわけです。

 

美肌のために役立つのがエストロゲンですが、更年期にはこの分泌量が一気に減少します。さらに、皮脂分泌を促進してしまうプロゲステロンが優位になり、その結果、大人ニキビが発生しやすい状態になるのです。

 

エストロゲンは肌に潤いをもたらすホルモンなので、これが減少することで乾燥しがちになり、さらにはプロゲステロンによる皮脂分泌で毛穴が詰まり、大人ニキビ発生にはピッタリな状態が整ってしまうというわけですね。

年齢特有の原因も!

更年期というのは、多くの女性が50~60代頃に迎えるものですね。この年齢になってくると、お肌のターンオーバーも徐々に低下してしまいます。ターンオーバーというのはお肌の生まれ変わりサイクルであり、これが低下すると、傷んだ古い角質が肌の表面にいつまでも残っているという状況になります。

 

すると、この角質は毛穴の入り口を塞ぎ、詰まらせ、アクネ菌のエサになります。さらには、傷んだままのお肌ではバリア機能が発揮されにくく、アクネ菌の影響も受けやすくなってしまうというわけです。ターンオーバーが低下していると、できてしまった大人ニキビも改善されにくいという困った点もありますね。

更年期の大人ニキビ対策

更年期の大人ニキビ対策として、まずはお肌のターンオーバーを促進してあげることが重要です。しっかり栄養を摂取し、しっかり眠り、スキンケアでは保湿力の高い大人ニキビ化粧品を選び、潤いで満たしてあげましょう。こうしてターンオーバーを促進すれば、健やかな状態を維持しやすくなります。

 

それからホルモンバランスの変化にできるだけ対応するために、ザクロジュースを飲んだり大豆製品を摂取してみるのも1つの方法です。女性ホルモンの分泌に役立つと言われるような食品を積極的に口にすることで、大人ニキビ対策ができるのはもちろんのこと、更年期特有の様々な不調も緩和されるかもしれません。