家庭でできるニキビ跡ケア

ニキビ跡は、大人ニキビそのものよりも、治りにくくて厄介な症状です。「エステやクリニックで専門的なケアを受けなければ、完治させるのは難しいのでは?」なんて考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。では、どうすれば家庭で、そんな頑固なニキビ跡のケアができるのでしょうか?
その方法をチェックしてみましょう。

 

ニキビ跡完治の要はターンオーバー!

ニキビ跡には主に4つのタイプがありますが、どのニキビ跡の改善に関しても、重要なのが「ターンオーバーの促進」です。ターンオーバーというのはつまり、お肌の生まれ変わりサイクルですね。これは理想としては28日周期で訪れて欲しいのですが、年齢と共にサイクルが乱れ、長い期間、古い角質が肌に残ったままになってしまいがちになるのです。

 

そこで、そんなターンオーバーを促進して、どんどん新しい肌に生まれ変わらせてあげることで、ニキビ跡が薄くなっていく効果を実感することができます。これは色素沈着、赤み、デコボコ肌などどれに対してもある程度、有効な方法ですね。

 

ターンオーバーを促進する方法としては、強制的に古い角質を剥がしてしまうピーリングや角質用のパックなどがあります。それから、肌を内部から整えることでターンオーバーのリズムを作るためには、しっかり保湿ケア、保水ケアをしてあげることも大切です。あとは、食事や睡眠といった生活習慣も、ターンオーバーのサイクルに大きく関係していますので、ここも気を付けて改善してみましょう。

 

美白コスメで直接のケアを!

ニキビ跡の中でも、特に茶色の色素沈着に関しては、美白コスメが有効です。シミと同じような原理によって起こるものですので、シミのケアと同様に美白コスメを使って継続的なケアを実践してみましょう。すぐに消えるというものではないので、根気よく働きかけていくことが重要になります。

 

特にビタミンC誘導体という成分はニキビ跡のケアに有効であることが知られています。ビタミンC誘導体を配合したコスメを、ニキビ跡のスポットケアとして使用しながら、ニキビ跡ゼロを目指してみましょう!

 

例えばランキングでも人気のビーグレンには、Cセラムというニキビ跡用のアイテムもあります。こういったものを活用すれば、より効率的にニキビ跡を改善に導くことができますね。