美容液でしっかりフタを!

多くのニキビケアコスメは、洗顔と化粧水、それから美容液といった組み合わせが基本となっていますよね。これにプラスアルファというものもありますが、やはりこの3つのアイテムが軸になったケアが多いので、美容液がシメになることが大半です。

 

そんなシメのケアも、コツを押さえてしっかり行いましょう。

 

美容液は使い過ぎ注意!

美容液というと、美容に良い液というイメージで、とにかくたっぷり使用したくなってしまいますよね。ですが、これは使い過ぎは厳禁です。

 

美容液には油分が含まれていることもあり、油分が肌に過剰になってしまうと、毛穴を詰まらせてしまう原因になり、大人ニキビが悪化することもあります。

 

また、美容液に含まれる様々な成分が肌に重くなってしまい、結果的に負担をかけ、肌状態が悪くなる恐れもあるのです。そのため、美容液は化粧水のように「ケチケチしない」使い方ではなく、「適量をしっかり守る」ということを重視してください。

 

使用量は各化粧品の使用方法に書かれている目安を基準にして、自分の肌に乗せた時にベタベタせず、尚且つしっかりと肌全体が包み込まれた感覚になるくらいが良いでしょう。

 

美容液で肌にフタ!

大人ニキビを改善するうえで重要になってくる「乾燥肌」の解消ですが、そのためには肌の内側に潤いを閉じ込めることが必要になります。いくら化粧水で水分を叩きこんでも、油分が少なすぎるとすぐに蒸発してしまいます。これを防ぐために皮脂が過剰分泌されることもあり、ニキビができやすくなる恐れもあります。

 

それを防ぐために、美容液を使って肌にフタをしていくことが大切です。本来なら乳液やクリームといったものが行う役割を果たすのが、ニキビケアコスメにおける美容液であることが多いので、その点を認識しながら使用してみましょう。

 

まず適量を手に取り、顔の5点に置きます。それから伸ばすことで、ムラなく顔全体に行きわたらせることができます。それから最後に、手の平を使ってハンドプレスしてあげると、肌によく馴染み、ベタベタした不快な使用感が軽減されます。