大人ニキビは汚れを溜めないことが大事!

大人ニキビを予防するためには、アクネ菌が増殖しにくい環境を作ることが大切です。では、どのようなことが原因でアクネ菌が増えてしまうのでしょうか?

 

それは、毛穴に詰まった汚れや皮脂、それから肌表面に残る古い角質。これらはアクネ菌のエサとなってしまい、増殖の大きな原因となり、大人ニキビが発生しやすい状態にしてしまうのです。

 

しっかりクレンジング!

大人になってからニキビが起こりやすい原因の1つとして、毎日のように行うメイクも考えられますね。メイクは身だしなみですし、社会人女性ならしないわけにはいかない、というケースが多いでしょう。ですが、これを毎日きちんと落としてあげないと、毛穴やキメに残ったメイクは酸化し、汚れとなり、アクネ菌のエサになってしまいます。

 

ただ、オイル系のクレンジングなどは場合によっては肌を乾燥させたり、刺激が強すぎたりということがあるので注意が必要です。ニキビ肌の場合には、できればオイル系は避け、ミルク系やクリーム系などを用いると安心でしょう。

 

クレンジングの際にはゴシゴシこすらない、ということも大切ですね。優しく汚れを浮かせて落としてあげましょう。どんなに疲れて帰宅した日でも、このクレンジングだけは、絶対に行ってから就寝してください。

 

洗顔は1日2~3回!

もう1つ、大人ニキビ予防のうえで重要なポイントとなるのが洗顔です。クレンジングの後に行いますが、これはゴシゴシと洗うのではなく、洗顔料をよく泡立てて、その泡を転がすようにして、毛穴やキメに詰まった汚れを絡めとっていきます。ゴシゴシすると、肌に傷をつけてしまい、ここからアクネ菌などの雑菌が侵入しやすくなるので要注意です。

 

そんな洗顔は、基本は朝と夜の2回です。大人ニキビを繰り返すお肌の方の場合、皮脂量が多めの傾向があります。そのため、朝晩の2回が理想的でしょう。

 

ただ、肌が乾燥しがちであったり、敏感に傾いている時などは、夜の1回だけにしてみるというのも1つの方法です。朝はぬるま湯でパシャパシャ洗うだけにしてあげると、お肌のストレスを軽減できますね。